緑ジャージのリベロ

30代子育てサラリーマンの日記。ダイエットや読書、サッカー、音楽など。アクアリウム初心者!

はじめての人のための3000円投資生活

 

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

またまたマネー関係でございます。

 

以前に読んだ、この本に近い投資初心者向けの本ですね。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

で、以前にこれ読んでからは、口座開設まではしてたものの実際の入金まではしてなくて・・・

今回はタイトルにあるとおり、「3000円」ということもあり、

小遣いの範囲から捻出できそうなので、実践に移せそうだと思います!!

 

※先日保険の見直しでちょうど3000円ほど月払いの金額を減らすことに成功したのだが、「そのお金を小遣いに!」との懇願は一蹴されました。

 

今後の投資の進捗やいかに!

また、この3000円を捻出するために他にもいろいろ小遣い稼ぎに

あくせくしとります。

その動きも追々。

 

お金が欲しいです。

パソコンが欲しいです!

ということで、最近は時間があるときはパソコンの事しか考えておりません。

現在使用しているのは、7年ほど前にwindows7が出たときぐらいに購入した

DELLのデスクトップ一体型のやつですが、

 

いかんせん動作が遅い!

 

今もそれでネットサーフィンしながらブログ書いてみてるけど、

まぁ重い!遅い!

 

普段はネット程度ならスマホでやるけども、ちょっと欲しくなったら

物欲が止まらなくなってきてしまった!

 

しかし!パソコンに詳しくないので、迷ったらどんどん迷ってしまって

出口が見えなくなってきてしまっているのです。

 

誰か「パソコン神」見たいな人に、「それならこれだね」と

選んでもらえればどれだけ楽か。

 

 

まずは、やりたい事

・ネットサーフィン(you tubeなどの動画鑑賞)

iTunes

・レンタルCDの取り込み

iPhoneのバックアップ

・たまにブログ

・写真プリント、年賀状

・基本家の中だけど、家の中で移動して使いたい

・2in1にして、車の中で子供に動画を見せてあげたい。

 

大体こんな感じです。

そこで、今悩んでいるもののリスト!

 

APPLE MacBook Pro

APPLE MacBook Pro with Retina Display (2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ/8GB/256GB/Iris Graphics) MF840J/A
 

 13.3インチのRetinaディスプレイのやーつ。

やっぱりスタイリッシュで憧れがありますねー。

これは発売された最新モデルではなく、旧モデルの方が

ポートだとかの面で使いやすそうなので、型落ち整備品で

多少安く買えそう。

 

【メリット】

iPhoneとの連携、iTunesの起動スムーズ

・かっこいい、きれい

 

【デメリット】

・2in1ではないので、「車で~」の使用は無理。 

 

 

マイクロソフト Surface Pro 4

 対抗馬。

【メリット】

・かっこいい、きれい

タブレットして使用可能なので、持運び、「車で~」には最適。

・Officeが使える。ないならないで困らないけど。

 

【デメリット】

・結構不具合など多いようで評価低い(?)

・家がメインの用途と考えると画面小さいかも。12.3インチ。

 

 

Dell 2in1ノートパソコン Inspiron 13 7368

2in1でもSurfaceとは違い、コンバーチブル型。

【メリット】

MacBookSurfaceよりは安い。

・13インチでも15インチでもほとんど価格変わらない。

 

【デメリット】

・サポートに不安。

・2in1でもタブレット用途は使いにくそうなので、中途半端かも。

 

①と②は実機を何回も観たり触ったりしたけど、

両方とも一長一短がある感じで、甲乙付けがたい!!

③はこの田舎には実機がなく触れられる気配なし。

 

誰か教えて!背中を押して!!

 

 

 

ちなみに今のパソコンが壊れたわけではないので、

購入は反対されております。

君の名は。

ついに体験。君の名は。

 

ま、小説ですがね。

 子育てパパはなかなか映画館で映画をゆっくり観ることは難しくて。

(時間があってもこの映画を一人で見に行くのも・・・)

 

ということで、相変わらずTSUTAYA中古コーナー様にお世話になります。

 

先日の「何者」同様で、映画を観る前に小説から、

さらには音楽も先に聴いているので、読みながら自分の中で

「この辺であの曲がかかるのかなー」などと想像しながら読めました。

 

もうすこしだけでいい あとすこしだけでいい

 

の部分。「なんでもないや」を先に聞いてたので、これか!!

っていう感じで。

 

それにしてもRADWIMPSも大メジャーバンドになりましたな。

俺が大学の頃は、「なんちって」とか結構ふざけた感じの曲多かったけど。

 

そんで肝心の中身に関して、

最後のあとがきにもあったけど、「もともと小説の予定はなく、アニメのみの予定だった」と書かれてると、

さすがに映画館行かねば!という気持ちにさせられました。

 

最終的に実写化とかならないことを祈りますが、

もしなったらなったで、奥寺先輩の配役だけは気になるところです。

 

 

「何者」に続き、2作連続で登場人物が若者の作品を読んだことで、

なんかちょっと現実逃避したくもなってしまいました。

 

 

 

振休だった今日。スロットで負けたのは秘密。

何者

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

1ヶ月以上ぶりの読書。

全然継続できてない。

 

今回の読書のきっかけは、会社の後輩がはまっている「オードリーのオールナイトニッポン」にて、朝井リョウがゲストの回を聴き若干興味が沸いたのと、タイミングよくTSUTAYAの古本の映画化コーナーにあったので。

 

就職活動がテーマということで、自分も10年程前に経験してきたことだけど、

当時はSNSなんてこんなに日常化してなかったから全く重ならないとしても、

思い出すことはありました。

 

それにしても、

 

俺って全然就活ちゃんとしてなかったな

 

内定もらった数だって少ないし、

エントリーシート出したり、試験、面接を受けたのだって

他の人からしたら絶対に数が少なかったと思う。

 

結局もう就職して10年経っていることにゾッとしてしまう。

 

で、今回の「何者」だけど、

主人公の感じ、すごいわかるというか、結構俺もこんな感覚わかるかもなーと

思って読み進めていたので、最後はちょっと胸が痛かったというか。

 

だからこんな風にちょっとした感想を書くことだって憚られる。

 

映画がレンタル化されたら観たいと思います。

 

中田ヤスタカ&米津玄師のNANIMONOも借りましたが、良かったです。 

 

  

怒り

 

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

 

 

 

怒り(下) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)

 

 

 

王様のブランチの映画告知で始めて知ったこの作品。

その豪華キャストとあらすじから、これは観たい!!と率直に思った。

 

そして!TSUTAYAに普通に中古文庫ありました。なんの告知もPOPもなくひっそりと。

 

先に主要キャストを知ったこともあり、原作を読むときはその俳優さんたちを当てはめながら読みましたが。

 

 

あらすじ

ある夫婦が惨殺された現場に「怒」の血文字を残して未解決となった事件から1年後。犯人は「山神一也」という人物だと判明するものの、整形手術をして逃亡を続けています。
疑わしいとされるのは3人の男。千葉県・房総の田代哲也、沖縄の離島にいる田中信吾、東京都内の大西直人。
それぞれの地でそれぞれの男に出会う人々の葛藤を描く群青劇です。

 

キャスト

渡辺謙森山未來松山ケンイチ綾野剛広瀬すずピエール瀧三浦貴大高畑充希原日出子池脇千鶴宮崎あおい妻夫木聡

 

 

感想(ネタバレあり)

まあまあ!

 

 

3つのストーリーを それぞれ追っていく中で、誰が犯人なんだと思考を巡らせる感じなんだろうけど、割と早めに犯人がわかってしまう。あと3つのストーリーはあくまでも独立していて、最終的には交わるようなそれこそドラクエ4の最終章的な感じを期待しつつも、そんなことは全くないというところ。

その辺がちょっと残念かなと。

 

最初の「怒」の意味の回収とかもなく、推理系の要素はなく、人間ドラマだというあたりが予想してたのと違ったので。

 

それでも帰宅後などのわずかな時間の中で、3日ほどで上下巻を読むほどには夢中になったし、

それでも映画は観てみたい!

 

 

オススメ度

★★★★☆

ちょっと今から仕事やめてくる

 

 

久々に小説読んでみました。

 

いつものご近所TSUTAYAさんの新入荷中古本より。

 

メディアワークス文庫賞受賞作ということで、詳しくないけどなんやかんや受賞してるならとりあえず読んでみましょうかということです。

 

ビジネスがらみ、それも何かとネガティブ、ブラックっぽい感じだったので面白そうではあるかなと。

 

内容としては、ブラック企業で働く新入社員の憂鬱絡みのストーリーで、最終的にはハッピーエンドみたいな。

 

まぁ言うほどブラック企業ではないかなっていうこともあり、結局人間関係なんだなって思わされるような感じもしたけど。

 

読み終えてから他の人のレビューやら調べてると、今度映画化されるそうで。

 

こちらの方も暇があれば旧作レンタルで見てるかな。

 

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

 

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

 

 

 

引き続きダイエット啓発本です。

 

しかし継続しない!

 

ブログ書くのもしんどい!

 

筋トレよりも今は蓄膿による頭痛がひどい!

 

ロキソニン様々やで!

 

息子が保育所でお友達を噛むのが収まらない!

 

iPhone7が入荷しない!

 

会社がざわついている!

 

10月から大変やで!

 

あーどうしよ。

 

 

 

そうだ、筋トレをしよう。

 

おしまい。